HOME>高齢者福祉情報>見守る事業を展開

区全体でお年寄りを見守る仕組み

葛飾区の役所などでも、高齢者福祉情報を配信していますが、元から区民の意識も高めであったり、高齢者の活動を応援する事業も数多く展開していたりすることもあり、健康的なシニアライフを過ごす方は増えています。例えば、高齢者のお出掛けも何かと不安が付き物ですが、「あんしん事業」という活動が利用できるケースもあります。高齢になれば、認知症の症状などにより、居所が分からずに迷子になるなど、本人はもちろん、ご家族も不安になるものです。保護してくれる葛飾区民の存在も大きいようですが、加えて、登録情報から身元を照合して連絡してくれる事業が展開されています。対象は葛飾区内在住の65歳以上の高齢者で、見守りが必要な方が対象なのですが、若年性の症状で不安な方もいるはずで、そうした方の相談にも乗ってくれます。普段使っている杖や、バックなどに貼れるシールには、登録番号とコールセンターの電話番号が記載されているため、素早く保護できる流れです。また、同じように葛飾区に在住で、自宅に乳酸菌飲料を配達してくれるだけではなく、安否確認も行ってくれる支援事業も展開されています。在宅の1人暮らしであれば、話し相手さえ居ない、こうしたケースもあるようです。配達員が一声かけてくれる、また、健康食についてもしっかり説明してくれる、こうした携わりも担ってくれている活躍ぶりも評価できます。

NEW POSTS